ふぅ
なんか久々にこっこ聞いてみた

やっぱ良いもんだわ~



「残酷な絵本」

開いた絵本
そこに描かれているのは自分の過去

何も知らない純真な眼差し
無垢で幸せそうな笑顔

ページを捲るごとに
成長していく私

徐々に現実を知り
無くなることの無い自己嫌悪の連鎖
何時しか私は血の涙を流していた

幾度となく繰り返す連鎖
涙が絶望の海を満たしてゆく

何度も忘れようとした
何かに縋る事で誤魔化そうとした
しかし現実は何も変わりやしない

いつしかもぉ1人の私が血を流す私を見つめている
その無表情で冷徹な視線
何もかも諦めているその私は
泣き崩れる私を嘲笑う

そぉ現実は冷たいのだと
今更なにをしても遅いのだと告げるかの様に・・・

いつしか私は仮面を被り
何も求めず何も感じなくなっていた
時折押し寄せる強烈な孤独と悲しさを
押し殺しながら
絶望の世界の中で・・・

突然開かれるページ
今の私が映し出される

現実と夢の狭間でもがき苦しむ
その哀れな姿
その先は本の枠を超え未来へ続く

私は生まれ変われるのだろうか・・・
[PR]
by gomityan | 2006-01-30 02:25 | 詩とか
<< そろそろ 鼻血でアビb >>