(*´▽`*)
はぃ
こんばんは

ROMの獅堂光です

今回も
詩をつくってみたりしまし

見たい方はど~ぞ



「涙の理由」



不意の夕立で 
貴女が差し出してくれた雨傘



はにかんだ笑顔が    
妙に可愛いくて



僕の気持ちに貴女は気が付いているのかな?



もしそうなら今すぐにでも抱きしめたいのに



恥ずかしくて
照れ臭いくて
何だか意識し過ぎちゃうね
もっと素直に話したいけどいつも片言の言葉しか出てこないよ



傘の中で触れる君の体 
もっと瞳を見て
僕と話しをしようよ
貴女の心の奥底にある言葉を聞かせて




でも告白する勇気は僕には無かった



半年ぶりにあった貴女は
相変わらず可愛くて




でも貴女の隣で笑っている
貴女の恋人はとても幸せそうで




僕は募った想いを心の中で押し殺す事しか出来なくて




半年前に・・・
あの時に僕の想いを打明けてたら
後悔しなかったのかな?・・




でもその時僕には勇気がなくて
只浮かぶのは




悲しい笑顔だけ
僕の涙は閉まっておくよ



今、貴女の幸せを
壊したくはないから・・・
[PR]
by gomityan | 2005-07-20 22:32 | 詩とか
<< 所詮勝ち抜き! ぼ~くらは皆い~きている~♪ >>